読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jennyの 実家で奮闘中

父親の同居介護、実家田舎生活、在宅ワーク、元野猫ちゃーちゃんの運命やいかに?

回想8/10 介護者の葛藤 それぞれ・・・

スポンサーリンク

■2016-07-03

 

実家の老父とは、相変わらずで、どこまでわかっているのか、わからないふりをしているのか・・・という言動が増えてきました。

 

完全に痴呆やアルツハイマー、あるいは病気等で、在宅介護を本格的にされていらっしゃる方からすると、今の私なんてなんでもない状況かもですが、とにかく、日々ストレスが蓄積していくのを感じます。

 

介護者の葛藤

 

昨日、ヤフーニュースで見かけた記事、一気に目をとおし、介護者の殺人、それだけをニュースで見聞きすると、なぜそこまで、と思うけれど、壊れていく親の姿、日々のしかかる介護、それだけの問題ではなく、自分の仕事もできなくなり、親の介護により、自分の人生設計が全く狂い、自分もいなくなりたい、と思うようになる、気持ちはわかる気がします。。。

f:id:jflkg4u:20170110203618j:plain

 

うちの場合は、役場に相談するも、まだまだ要介護どころか要支援にもならない状態、なのでなんともならないんです。

 まだトイレは自分で行けていて(便器や周辺はしょっちゅうよごれてますが)片目緑内障で見えず、もう片方は昨年白内障の手術をし、まあ、見えてる状態らしいけど、ピントがあわないのか、しょっちゅう物をこぼすし、ぶつかるし、

 

足も数年前に膝骨折して以来、杖でよたよた歩行、歩くのが億劫になり、さらに歩かなくなり、足腰筋力、かなり落ちたなあ、家の中でも、よく転びそうになってる。実際たまに庭でころんでるし。。。

 

食欲は減ったとはいえ、まだまだよく食べる、が、好きなものしか食べないので、さしみ、和牛、トン汁、焼き芋、アンパン、ひよこ饅頭、アルコールは昔からなので、今も焼酎を主に、コークハイ、暑いので最近は朝からビール・・・

 

別に、そういうのは、いいんです。まだ身体介護がほとんどない状態ですが、最近は薬の管理が難しくなってきたくらいで。食事の支度、片付け、家事全般、そういうのは全然いいんです、実家で自分の仕事しながらも、やれるんです、効率は落ちますが。



服薬は朝夕の2回で、しばらく前までは、カレンダー状に日毎の袋になっているのを壁にかけていて、自分で朝、夕、と飲めていたのだけど、最近は、曜日も日にちもあやしく、日に何度も今日は何日、何曜日と聞くしまつ、今飲んだ薬を、飲んだそばから、飲んだかなあ、という。。。お薬カレンダーも、どこから取って飲むのかがわからないみたい。ほっておくと、2度飲もうとしたことも。

 

実家で私がやってることといえば、朝はパン、バナナ、ヨーグルト、イモ等だしておくと、お湯ポットとスティックコーヒーを自分で入れて食べるので楽。おやつは、いも、饅頭など、かってにたべてるし、歯もほとんどなくて、入れ歯作るも、かえってじゃま、と、結局食事時は、はずして、本人いわく「丸呑み状態」 (;´・ω・)

 

12時には、お昼で変わったものは食べないので、いつも同じで楽といえば楽、長く同じものがつづくと、突然、もう食べたくない、といって、他の食べられるものにすると、しばらく「これ、これ」、といって、又しばらく同じものがつづく。。。。

 

午後は小腹がすくらしく、起きてきて、イモや饅頭。。。ここでコークハイをのみすぎると、くだを巻き始める、というのが最近わかった。

 

夜は5時頃から、刺身とビール、焼酎、豚汁(めちゃくちゃ濃くしないと、薄い、という)和牛のステーキ細切れ、キャベツのゆがいたやつ、厚揚げ野菜のいためもの、ごはんかおかゆと梅干、塩昆布等、ほんとにワンパターン、楽だけど・・・

 

昼、夕とも、飲みながらなので、長い・・・私はもともと食事時間が短くて、他のことをしたいたち、なので、ちびちび飲みつつ、針がとんでエンドレス状態のレコードのように(最近はレコード、知ってる人すくないかもね・・・・)繰り返い同じ話をされ

 

独りよがりの、人の悪口、噂話、楽しい話はほぼなし・・・何がつらいって、これが一番つらい・・・私が嫌いなのは、飲んで酔ってくだを巻く人と、男の無駄なおしゃべり。。。まあ、脳が萎縮してきている、とのことなので、何を言ってっも無駄でしょうしいまの父の話には、納得できる部分がほとんどなし、下手に「そうじゃないでしょう」といおうものなら、「お前は、人のいうことに屁理屈ばかりいって反対する!」と怒るので最近は、めんどうで、ほとんど生返事でやりすごす・・・

 

あれだけ一人でしゃべれる、というのも、すごいもんだ・・・それも、同じ話を。・・・一度、父に言ってみたことがある、「それ、昨日も聞いたし、もう何十回も話してるよ」といったら、「そうかなあ、初めて話すつもりだけど」と言って、しばらくしたら、またさっきの話をしている。

 

4月上旬に関東の賃貸はそのままで、もともと仕事は在宅なので、とりあえず、実家滞在をメインにして、2~3か月に1回位は関東へ帰る、という話も、その時は父は「それがいい、それがいい」と いうことでこうなったのだけれど、今となっては、「覚えとらん・・・」って・・・

 

私が数時間外出すると、かえってきてみると居間でコークハイを片手に、目が座った父がいて、どこをカラ走りしとるんだ~、って・・・正直、ぞっとしましたね、

 

「買い物ついでに、ちょっとでかけてくるよ」と言ってでてるんだけど、昼寝して、起きて来たら私がいない、親をほって、いったいどこをほっつきあるいてる・・・ああ、もう息がつまる、息ができない・・・という状態がたまにあります。

 

6月から毎日、来週は一時帰京、来週は、ととなえつつ、毎日飛行機の予約を1日づつ後ろ倒しに変更しているところ、来週後半に仕事がらみのイベントがあるので、何とかそれに出たい、数日でいいから、帰りたいよう。。。今日こそは、来週一回帰るからね、というつもり・・・

 

父が、すんなり「いいよ」とは、言わないでしょうけど、有料の見守りサービスみたいなのが町であるみたいなので、1日1時間位みてもらうようにしたいと思っているのだけど、それを父が、受け入れるか、おそらく「そんなもん、いらん!」と言いそう・・・

スポンサーリンク