ちょっと待て!同居介護と保護猫ちゃん

父親同居介護、実家田舎生活、在宅ワーク、元野猫ちゃーちゃんの運命やいかに?

元野猫ちゃーちゃん 大脱走は家出だったのか

スポンサーリンク

猫ちゃん大脱走

昨日の続きだす・・・

www.jennyjp.win

 

昨夜の猫のちゃーちゃん大脱走、には、実は伏線がありまして。先週から、私は家では仕事の集中力が保てないので、車で数分の図書館へ午後の3~4時間程避難して仕事をするようになり、父はよく思っていないだろうことを感じつつ、何とか1週間たち。

 

www.jennyjp.win

で、昨日も父に昼ご飯を食べさせたあと、図書館へ行き、4時半頃帰宅すると・・・

居間にむずかし~い顔をした父が座っていて、いや~な予感が・・・「父: もう、どうしたらいいか、わからん・・・ちゃ~が、ず~っと鳴いて、ごはんやっても食べないし、かみつくし・・・いかんと思うけど、かみつかれると痛いから、ひっぱたく・・・、おまえがいなくなったら、これだから(怒)出かけてないで、仕事するなら、家でしろ!」・・・・・

はぁ・・・・・ここで、父に私の仕事がどうなのか、なぜに今の家の状況で家で仕事ができないか、ちゃーちゃんに怒っても、たたいても、何の役にもたたないか、など等を説明しても、わかってもらえるはずはなし。あぁ、これでもう、私の午後の図書館通いも終わるのか、と、またまた胸が苦しくなってきたわよ。。。ちゃーちゃんは、というと、父におしりたたかれてすぐなのか、遠巻きにして、逆毛をたててこっちを見ている。ちゃーちゃんも、災難だよねえ。

家出疑惑

家の中はというと、猫おもちゃはとっちらかり、猫砂もとびちり、父の孫の手やハエたたきまで飛んでるしまつ、お~お~、ちゃーちゃん、派手に暴れたねえ、2~3歳位の猫ちゃんって、元気満々、とてもじゃないけど、かないません。ちゃーちゃんは、10月頃に役場の保護猫施設から譲り受けたのだけど、もと野猫としかわからず、捕獲時の状況などは個別には不明で、ただちゃーちゃんの様子から予想するに、ちゃーちゃんはもともと飼い猫だったか、生まれてしばらく飼われていたか、で、少し育ってから、放棄されたか、逃亡したか、ではないだろうか、と。なぜかというと、当初よりものすごく人なつっこくて、施設に父と行ったときに、真っ先にすりすりしてきたコが、この子だった。なので、父が速攻気に入り、すぐに決まったのだけど、その時施設には他にも30頭ほどの猫ちゃんがいて、ほとんどは、高い棚の上や、部屋の隅に行ってしまって、寄ってこなかった。。。野猫って、普通、そんな感じだとおもっていたので、ちゃーちゃんがすりすりしてきて、びっくりしたことを思い出したわ。人慣れしていることは、間違いない。

 

www.jennyjp.win

で、昨夜の逃亡劇のときも、家の塀のむこうの隣の畑の真ん中に反射板が光るちゃーの首輪をみつけて、近寄っても逃げなかったし、すぐに抱いて連れて帰れた。逆に、これだけ人慣れしていると、悪い人が近寄っても、たぶん、ちゃーは逃げないかも。家にお客さんがきても、猫好きな人の時にはケージに入れずにそのままなんだけど、初めての人でも、足元にすりすり行っちゃうものねえ・・・

昨夜のちゃーちゃん大脱走は、その直前の父との攻防が影響しているのか、ちゃーちゃんは家出をするつもりだったのか??? 家に連れ帰ったら、水を飲んで、ちゃーちゃんのお家に入って、す~す~寝ちゃいましたけど(;´・ω・)7

 

ああ、猫のちゃーのこと、老父のこと、私の仕事のこと、全部が絡むと長くなります。昨夜の時点で、図書館通いが危うし!と思っていたけど、今図書館にいますよ。父とちゃーちゃんの関係改善、+私の仕事の効率化、を目指して、何とか解決策をさぐらねば、って、ことで、まだまだ話はつづきます・・・

 

 

 

スポンサーリンク