読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと待て!同居介護と保護ネコちゃん

父親の同居介護、実家田舎生活、在宅ワーク、元野猫ちゃーちゃんの運命やいかに?

元野猫ちゃーちゃん 遠吠えは続く

スポンサーリンク

どうしちゃったの、ちゃーちゃん

 

ここ数日の、我が家の元野猫ちゃーちゃん、いやはや、ますますパワーアップしちゃって、もう、私はよれよれ、ですぅ。。。(;´・ω・)

 

2日や3日で、どうなるものでもないとは、わかっておりつつ、実家で、老父と同居中の身としては、猫ちゃんケアも思うように進まず、父を刺激しないように、ちゃーちゃんにもご理解いただけるように、なんとか取り持ちたいものですが・・・

 

www.jennyjp.win

 

昨年、町の保護施設で避妊手術を受け、その後は元気いっぱい、食欲もりもり、体重も数か月で1キロ位増えたもよう、重いよちゃーちゃん、で、たまに父が庭に出したりしていたもので、お外探索の楽しい?のを思いだしたのか、今年に入ってからは、すっかりお外探索がルーティンと化してしまった様子・・・父は、最初自分がちゃーを出し始めたのに、しょっちゅう出始めて、1~2時間戻ってこなくなると、もう出すんじゃない!と、言い始め、とにかく、ちゃーが鳴いても騒いでも、もう出さない、それでいいのね、と父に念を押し(いつも父は今言ったことを、1時間もすると、いや、やっぱり違う、と翻すので)、数日程前から、出さないようにしているのですが、これがまた大変。

 

野猫友さんからのアドヴァイスもあり、とにかくケージ慣れさせること、と思い、しばらくケージでおすごしいただきましょう、と、始めてみたものの、初日の夜はとりあえず、おとなしく(何度か夜中に鳴いてたけど)寝てくれて、よし、このまま、何とかなれてもらおう、と・・・夜があけると、ケージ内で暴れ始め、5㌔近くになってしまった大きな身体は、ケージ内で1~2~3階と飛び回ると、3階建のキャットケージが揺れる程。大声で鳴きながら、しまいにはケージの網にとりついて、がたがたさせる(;´・ω・) ちゃーちゃん、あなた、女の子だったよね~、いやはや、すごい・・

 

私一人なら、無視もしようものだけど、父が黙っていない、何しとる~、うるさい!出さんか~!!! はぁ~~~、で、ケージ生活は、あっさり断念、翌日から夜ケージにお入りいただいても、結構鳴き声が大きくて、だめだ、寝られない。で、お風呂場が脱衣所合わせて3~4畳位あるので、猫トイレと、猫ベッドと、お水をはった洗面器をおいて、夜はそちらで寝てもらうことに。家の一番角の隅なので、多少鳴いても、ガラス戸1枚のところで寝ている私には聞こえるけど、二つ向こうの部屋で寝ている耳の悪い父には聞こえないらしい。夜ケージ内よりは、ましだけど、それでもやはり12時、2時、4時頃には鳴きだす。

家の中で自由にさせると、今度は、家中動き回り、どこか出られるところはないかと、鼻を突っ込んではがりがり、それだけならよいのだけれど、ま~、鳴くは吠えるは、いやはや、本当に参った。時々声がやんだと思ったら、疲れたようで、畳に横になってるし。。。 猫じゃらしでちょっと遊んでも、常に外が気になるようで、すぐに気がそがれてしまう様子。しばらく前までは、ここまではひどくなかったよね~。完全にお外に出さなくなったからか、はたまた春の発情シーズンで、むらむらしているのか、今だけだったら、我慢もしようというものだけど、一体いつまで続くのか、それとも、終わりがないのか・・・

 

で、前記事での下記の件、長くなっちゃったので、別記事にします~(;´・ω・)

ここ数日、我が家の元野猫ちゃーちゃん、なかなか手ごわく、父とバトルを繰り広げており、それを阻止するために、睡眠不足、常に父とちゃーを見張る。。。私は仕事そっちのけで、心血注いでおります。うう、今朝は頭痛もしてきてて。仕事がはかどらず、月末までの仕事が・・・もう月初から進んでいなくて、困ったものです。 ちゃーちゃんがらみは、今日、ちょっとした動きがありそうで、進展したらまた記事にしようと思います(;´・ω・)

ポジティブ思考で行きたい、が - 父の人生、私の人生、ちゃーの猫生、三つ巴奮闘中

 

 

 

スポンサーリンク