ちょっと待て!同居介護と保護猫ちゃん

父親同居介護、実家田舎生活、在宅ワーク、元野猫ちゃーちゃんの運命やいかに?

社会福祉協議会の人と

スポンサーリンク

社協のボランティアの方

私が一時帰京をする際に、1日一回父の様子を見てくれるという、ボランティアっぽい団体があり、以前2度程利用させていただいた。1枚30分300円のチケットを購入、利用の際には、事前に連絡して、担当者を手配してくれる、というもので、昨年7月と12月に各数日利用させていただいた。予定していた3月の一時帰京は結局かなわず、購入したチケットが残っていて、期末の3月末日で一旦払い戻しをする、というので、わざわざお電話いただいた。担当の女性の方が家に来て下さり、余った分の返金を受ける。初めての方でないので、ついつい、父の話で私の愚痴がこぼれる。

 

地域のボランティアさん団体、という認識でしたが、改めてチェックしてみたら、全国組織でかなり古い団体だった。

社会福祉協議会とは

社会福祉協議会 - Wikipedia

 

 役場だけじゃない、支援組織 

9日前の記事で、役場の福祉課の方に相談した件、

www.jennyjp.win

行政の方では、やはり何かあってからでないと、要支援等の認定もできず、ということで、確かにうちの父の場合は、まだ要支援にもひっかからず(;´・ω・)

 

その話を、来てくださった社会福祉協議会社協)の方にお話、話しているうちに、日ごろのうっぷんがどんどんでてきてしまって、ついつい大愚痴大会になってしまうも、担当の方は「いいんですよ、何でも話せるうちは、まだ大丈夫、一人でかかえてしまっては、身が持たないですよ~」と、聞いてくださる。。。う~ありがたい<m(__)m>

 今の父が一人暮らしに戻ったらどうなるか

うちの父の場合は、現時点具体的に具合が悪いわけでなし、足目耳悪しだけど、まだ全面介護は必要ない、かといって、このまま一人暮らしをさせると、どうなるのか・・・そういう話になったところ、社協の方も「一番難しい時期なんですよね~」

社協で見ていらっしゃるご老人にも、いろんな方がいらして、都会に出てしまったお子さん方が田舎へ戻ってくるのは本当にまれだそう、それはわかる、だって結婚して家庭をもってたら、そう簡単に実家へ引き上げてこれないし。実家の近くに住んでいても、自分の生活があるから、同居でない限り、24時間親を見れるわけでなし。

 

一人暮らしの80過ぎのご老人は、その方の身体・認知能力にもよるけれど、やはり大変な生活環境で過ごしていらっしゃる方も多いそう。「大変」というのは、外からみてそうかもですが、もしかしたらご老人ご本人はそう思っていらっしゃいないかも、例えば、田舎の独居老人の方の家は、古いことが多く、家も古い上、手入れが行き届かないと、内外痛むし、家の中の整理ができなくなり、散らかり放題、片付けられない、で、相当たいへんな状態になっていることがある、と。

そういうところに、ボランティアさんが入る場合、やはりかなりすごい状態の家に、最初からボランティアさんを入れられず(というか、行くのを躊躇されるボランティアさんも多いのでは?)、別居のご家族・お子さん、ご親戚等がいらっしゃる場合は、一度連絡をとり、荒れた家を片付けて、ある程度整えてから、ボランティアさんを定期的に送る、らしい。

 

私も、実家で父と同居1年になり、先が見えない同居生活に、自分の生活、仕事にも危機感を覚え始め、「もし今、私が父を一人でおいて関東へ帰ってしまったら、どうなんだろう」と考えたりしている。今日来て下さった方にもその話をすると、「う~ん、足腰も弱られてて、目耳もお悪いので、転倒が一番心配ですよね、食事も娘さんがいらっしゃるから栄養取れてるでしょうし、一人になると栄養面も悪くなるし、一人暮らしで外に出ないとなると、認知度も急激におちてくるでしょうし・・・お父さんは、幸せですよね、こうやって娘さんが同居してくれてるのですから。でもまあ、それぞれの生活もありますでしょうし、そうなる場合は、定期的にボランティアさんに覗いてもらって、万が一のことがあれば、連絡させていただく、ということですかね・・・」

 

父は、私が同居し始めてから、明らかに太った。よく食べる、かつ最近は億劫がって歩かなくなった、明らかに運動不足&食べ過ぎ。5㌔位太ったようだ。

 ちょっとここらで一度実家を離れたい私

 4月下旬、一時帰京を予定しており、飛行機予約はしてある。ちゃーを預けなければなので、本当に行くとしたら、週明けにはちゃーを預ける病院のペットホテルへ予約をし、社協のボランティアさんを頼まなければならない。ここ数日の自分の体調不良で、ここは一旦数日でも一時帰京しよう、という気が強くなっている。

どうなりますか・・・

 

スポンサーリンク