読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jennyの 実家で奮闘中

父親の同居介護、実家田舎生活、在宅ワーク、元野猫ちゃーちゃんの運命やいかに?

父との言い合い の発端

スポンサーリンク

不毛だ 父との会話

先週5日間の一時帰京後、実家へ戻って3日目、の今朝・・・

やっちまいました。老父との言い合い(;´・ω・) 父には理屈は通らないし、言っても無駄、というのがだんだんわかってきたので、極力反対意見、というか、そうじゃないでしょう、という返事はしないようにしているのだけれど、しばらく実家を離れていて、思考が正常?にリセットされていたせいか???(苦笑)、今朝はやっちまった!

 

事の発端は、これまた理不尽というか、ボケかけた父だからこその出来事なんですが、実家で私が仕事場にしているところと寝ているところの移動、元はといえば、父が場所を変えたい、といったから、なんですが、どこでどう父の頭がこんがらがったのか、私も意味がわからず、しっちゃかめっちゃか・・・

 今の場所に移動したのは、3月初めだったんだよね~、

www.jennyjp.win

 

 もともと父が寝ていた和室に私が移動して今の状態になったのだけど、父は自分で望んで別の場所へ自分のねぐらをしつらえたのが、どうやら最近気に入らなくなってしまったようで「トイレも近いし、前のところに変わる」と言い始め、ただし、夜は猫ちゃーにお休みいただく風呂場がその部屋のとなりで、猫ちゃーは、夜に3~4回出して、出して~、と大鳴きするのを、私が耳栓をしてしのいでいたのを、父は知らない。

父のこんどの寝床 

で、言いだしたら、聞かない人で、それも後で、じゃなくて言ったらすぐ、の人なので、すぐに私の荷物を移動しろ!と・・・いやいや、猫ちゃーのこともあり、とにかく、一晩ここで寝て、ちゃーの鳴き声が気にならないんなら、私の仕事道具を引っ越しするから、とにかく一晩寝てみて、と10回位いって、やっとご納得いただだく。猫ちゃーを外に出すのは、その時も「それだけは譲れない」と言っていた父・・・・

 

さて、夜7時過ぎにはベッドに横たわる父・・・猫ちゃーは、夕暮れから家の中をみゃ~みゃ~鳴きながら出口を探し回る、外へ出たい~、出たいよ~、と。でベッドに横たわった父は「ちゃーうるさい!いつも風呂場にいれてるんだろう、早く入れろ。」と。はいはい、入れますよ、でも、しょっちゅう鳴くからね。知りませんよ。。。

 

風呂場に入れられたちゃーは、しばらくミャーミャー言ってたけれど、疲れたのかちょっとおとなしくなり、その間父はうとうとしていたみたいで。。。1時間後位に、ちゃーが大鳴きを始め、風呂場のガラス戸をがりがりし始めた。。。ほら来たよ・・・私は知らんふりして仕事・・・仕事にもならんが・・・知らんふりをしていると・・・

 

父がよろよろと起きだしてきて「父:あれ・・・なんだ???ちゃーか?」そうですよ、ちゃーですよ、だから言ったじゃないですか、うるさいよ、って。そしたら「父:耳が悪いし、ちょっとやそっとじゃ聞こえんから大丈夫」って言ったし。「父:たまらん、どうしたらいいんだ」「私:元のベッドに戻って寝る? あっちなら聞こえないんでしょ。あとは、もうちゃーを外に出してやるしか、ないよねえ」「父:・・・じゃあ、出して。これじゃ~たまらん」

 ちゃー外出許可出る

ということで、ここにきて父が絶対譲れん!と言い張っていたちゃーの外出許可が出たのでした。玄関を少し開けたままちゃーを出して、その後、夜中に2回位戻ってきて、私の手をぺろぺろしてたみたいだけど、結局夜中ちゃーは出たり入ったりしていたようで、朝になって玄関からみゃ~みゃ~、帰ったよ~、とご帰還。

 

父は、コロコロと言ったことを翻す人なので、ちゃーのことも、また怒るなあ、と思っていたら「父:昨日からずっと外に出てたのか?」って、そうですよ、出して、といったのは父ですよ、「父:出したらいかんと言われているのに、首輪つけた猫が外にいたと知れたら人になんと言われる!」「私:・・・(ほら、きたよ)」

 

一時が万事、こんな調子で、全く融通のきかない父。

今の猫ちゃーに関しては、①ちゃんと帰ってくるから、もう外出可にするか、②絶対出さずに鳴き声にもめげず、何か月かかろうと家の中だけで生活できるようになるまで、人間が我慢する、のどちらかしか、ないんでないの? ③地域のフリーペーパーに里親募集広告をお願いしているのだけど、無料の代わりに広告スペースがあいてるときに掲載します、ということで、まだしばらくは掲載されそうにはない。ちゃーとお別れしたくはないけれど、この父の元ではちゃーもかわいそうかも。その前に、里親さん、見つからないかもね。。。

 

で、朝から、ちゃーのこと、父の寝床の場所のこと、で、わちゃわちゃになっており、その後、父との久しぶりの言い合いとなるのでした。まったく、わけがわからん。

 

・・・長くなるので、言い合い合戦については、つづく・・・

 

 

スポンサーリンク