ちょっと待て!同居介護と保護猫ちゃん

父親同居介護、実家田舎生活、在宅ワーク、元野猫ちゃーちゃんの運命やいかに?

鬼娘 「一人で生きていくという大仕事」に思う

スポンサーリンク

死ぬときは一人

80代のご両親をお持ちの 昨日のミントさん記事に、しみいりました・・・

 今はお二人別々に施設でお暮しのご両親、お父様は、失礼ながら、うちの妖怪JJI に負けない昭和の頑固男様とお見受けしました(;´・ω・)

時々、目をつぶって想像してみます。 顔も手も、足も、すべてがシワだらけになって、足もおぼつかず、一人で暮らす部屋には、ヘルパーさん以外はほとんど誰も訪ねてはこない。 しんしんと忍び寄る寂しさ、心細さ。そして不安。 身体の痛みと同居しているかも知れません。 それでも、その時々の季節の移ろいに胸をときめかせ、あたたかいスープやお味噌汁を作って自分を励まし続けることができるだろうかと。 「いい人生だったね」と自分に微笑みかけることができるだろうかと。 最後に残された大仕事、実はこれが、これからの人生において、一番重要な任務であるような気がしています。

最後に残された、一人で生きていくという大仕事。 - 還暦からの再起動

 

f:id:jflkg4u:20170730162819j:plain

 皆様の記事には、いちいち自分に投影させて拝見することが多く、特に今は、自分の生活が望まない状況(実家生活、嫌いな父親との同居、仕事がうまくすすまない・・・)にあるため、ご両親の介護にかかわられている方や、親との関係に悩みのある方、等の記事に、共感を覚えることは多いです。

yuuhinooka.hatenadiary.com

 

ミントさんは、めちゃくちゃお料理上手で、もしかして、お料理の先生??? いつもよだれをたらしつつ、レシピを拝見しています。お父様とミントさん姉妹のご苦労、わかるなあ、とうなづきつつ、お父様がお母様を恋しがるご様子に、ご苦労されたお母様の立場にたてば、どうなってるんだ? と思ったり、まあ、ご夫婦のことは、ご当人にしかわからないのでしょうが・・・

うちの事情

でも、うちの父も同じく、かつて母をどなりつけ、こき使い、家に縛り付け、早死にしてしまった母をかわいそうと思い続けた私は、それゆえ、父が嫌い・・ 

が、80を超して、身体が不自由になり、ミントさんの記事中そのままの「顔も手も、足も、すべてがシワだらけになって、足もおぼつかず、一人で暮らす部屋には、ヘルパーさん以外はほとんど誰も訪ねてはこない。 しんしんと忍び寄る寂しさ、心細さ。そして不安。 身体の痛みと同居している」 状態の今の父、まあ、私が同居しているので、普段はまだヘルパーさんは来てないし、朝昼晩は私が一緒だし、夜も家で寝てるのだけど、父は不安なんだろうなあ、とは、時々思う。片目が緑内障で見えてないし、片耳聞こえないので、夜、トイレによろよろと立つ父が、ときどき、私の寝ている方に向かって、「いるのか?」とつぶやく・・・ 

父が夜中に足をひきずってトイレに行くときには、私も目が覚める。一応返事はするが、同時にため息ももれる。たまに、そういう父がかわいそうにもなったりするけれど、私一人でこの父をささえるのは、気持ち的にも無理だ。。。ごめんだけど。

ここだけ読まれると、「お父さん、かわいそう」と思うよね~、優しくない娘だ~、ってね・・・

自分一人で人生を全うする

この年まで結婚もせずに来てしまった私は、父がいなくなったら一人で人生を全うするる、と、前から覚悟はしているつもりなので、結構大丈夫なんじゃないか、と思っていたりしている。

が、それは、今特に具合が悪いわけでもなく、元気でまだ働けているし、目下の最大の関心事が、いかに同居の頑固JJI をやりすごすか、という問題に直面しているので、あんまり先のことを考える余裕はないからなのか、

 

いざ、将来自分一人になって、もしかしてどこか悪くなったり、一人暮らしの生活に支障ができてくると、つらいのかなあ。。。なんて、今考えてもしかたのないことではあるけれど、ちょっと、考えてしまいました・・・(;´・ω・)

 

一人で生き抜く為には、やっぱり健康第一、だよね~ ちょっと今、足腰にきてるのだけど、なんとかメンテナンスして、ピンピンコロリをめざさないとね~ 

ああ、そうだ、猫ちゃーがいるから、彼女より先には逝けないねえ、、

 

www.jennyjp.win

www.jennyjp.win

www.jennyjp.win

 

 

 

 

スポンサーリンク