おひとりさまライフ 保護猫ちゃんと一緒

田舎の父親同居介護の2年を終え、父から引き継いだ保護猫ちゃんとの田舎生活 母弟父をみとった自分の生活の整理をぼちぼち

妖怪JJIの「東京へ帰れ!」鬼娘シリーズ

スポンサーリンク

疲労感

はぁ~~~、疲れたなぁ・・・ と、ここ数日、どっと疲労感が。

今日は仕事場へ行っても、午前、午後と、昼寝をしてしまい、全く仕事がはかどらず。外は台風の雨風で、天候もすぐれず。低気圧って、体調、気分に影響あるのか。

 

仕事場の窓から見える海は、大波、木々も強風でなびいている。私の気分も、空模様と同じだわ・・・今日も鬼娘シリーズなので、スルーしてね~<m(__)m>

f:id:jflkg4u:20170916174146j:plain

妖怪JJI まともに相手をしても仕方がないのだけど

 うちの妖怪JJIは、いつもいつも怒りんぼで、相変わらず、私も慣れてきたのもあるけど、こちらの体調が普通の時は、はいはい、またかよ、と、ある程度流せるようにもなってきた感あり、だけどね~もうね~、こっちが疲れているときは、本気でカチンとくるんだよねえ。。。

 

このところ、私も疲れていて、肩凝り、首凝り、背中痛、腰痛、で、実家に父といると、いつ何を言われるかわからないのでつい身構えているのか、息を詰めるようで、時々、ふっと思いだして大息(深呼吸)をする。呼吸が浅いのは良くないと思いつつ、こればっかりは、知らず知らず、やっちゃってるんだよねえ。

 

なので、7月から海辺の部屋を仕事場として借りてから、そちらで一人でいるときは息を詰める必要がないので、普通に呼吸している時間が長い気がする。帰宅直後から、父がいると思うと、緊張が走る・・・かも・・・

 

9月後半、仕事がらみのイベントがあるので、一時帰京をしたかったのだけど、年末には別件で東京で用もあり、うちの実家から東京は交通費がめちゃくちゃ高いこともあってい、9月は断念していた・・・のだけど・・・だけど・・・

 

やっぱり、また、ちょっと家を離れたくなる。今日も午前仕事場へ行き、昼頃父の昼食に戻ったら、カップラーメンを食べていて、もういらん、と。ああ、そうですか、昼食いらないなら私はわざわざ帰宅しないで、仕事続行したかったんですけど、とは、言わず、まあ、言っても父にはわかんないでしょうから。自分の分だけ、残り物でちゃちゃっとすませて、午後、また仕事場へ。で、夕方5時過ぎ、帰宅。

 

父が珍しく起きていて、というか、今起きてきたのか、私が戻るなり「こんな遅くまで、いったいどこで何をしてるんだか!」「いまね~、夕方5時、仕事してきて、いつもこの時間に帰ってきて晩御飯してるよね~」 なんて言っても、父には全く通じない、いつものごとく「人がああいうと、こういう! まったく、どうしたらいいんだ!東京へ帰れ!」「・・・」

前からだけど、最近特に父の時間の感覚がなくなってきており、いつ帰宅しても、夜だと思っている。おそらくいつも寝ているので余計に時間の感覚が変。

こんな思考の人を、まともに相手をしても仕方がないとわかってはおりつつ、悲しくなるよねえ・・・「それでいいんなら、そうするよ」と私、それに対しての父の返事はなし、いや、聞こえてないのか、通じてないのか。 耳もかなり悪いので、普通に会話をしても通じないことが多いし、仕事だっていってるのが、全く理解できてなくて、いまだに、私は外に遊びに行っている、と思いこんでいるのか・・・

 

ああ、いっそ、このタイミングで、明日から東京行くから、って言ってみようか・・・あ、台風だった、明日は飛行機欠航かも。

 

先日の記事で、町役場主催の介護者の会に出席して、「手紙」を目にしてぶわっと涙が出た件、私はものすごく単純なので、手紙の内容のままに、幸せな仲良し家族を思い、親御さんの気持ちを思い、大好きな両親だったら、きっとお子さん方も、何の疑問もなく、親のお世話をするんだろうなあ、でもなあ、うちはねえ・・・

 

www.jennyjp.win

 

父の「東京へ帰れ!」は、私に何を期待しているのか

父が私に「東京へ帰れ!」というのは、いくらそんなことを言っても、私がこんな自分を置いて、いってしまうわけはない、と思っているから、でしょう。いやいや、娘の収入を激減させ、貯金や保険もくずしつつ、やっとの思いで父と同居している、というのが、これっぽちも伝わってないのか。

 

関東の賃貸はそのままになっていることも伝えているし、「なぜ解約しない?」というからには、家賃が発生していること、それをだれが払っているかということも、考えてみるべきなのに、それが全くわかっていない。わかっていたら、関東の家の家賃、甥っ子がそこに住むための経費、いったいどうやってはらっていくんだ、と・・・月に10万や20万円をひきだしても、気づかない位の父の預金があるならば、私はそこからきっと経費を引き出していくだろう、

が、それも底が見えてきているので、甥っ子の学費もまだまだ続くし、父がこの先、どういう状況になるのか、わからないので、父のお金は今はたいてしまっては、先が困る。実家での生活費も、何だかんだで結構かかるので、きりつめようにも、なかなか縮小できないでいる。大きいのは、交際費(田舎では、冠婚葬祭、もらったらお返し、があたりまえ、親戚、お年寄りが多く、なかなか大変)、父の酒代、かなあ。。。

 

夕食の支度をはじめたら、夕食いらん!とどなられたので、ほっておいたら、一人で酒を飲み始めた。「おつゆ(味噌汁やスープのこと)だけでも、飲む?」と声をかけたら、何にもいらん!って。これまでも、そうはいっても、と思って、支度だけしてテーブルに並べておいても、結局手つかずで放置されたので、今日はもう何もしませんよ。父はちゃんと食事はしなくても、ビール、焼酎、合間のおやつの焼き芋、おまんじゅう、バナナ、等でカロリーは結構取れてる、栄養は別にして。だからなかなか痩せないし。

 

 ああ、帰りたい、帰りたいよぅ・・・

というより、実家からはなれたいよぅ・・・ 海辺の仕事べやでも、いいんだけどね。

 

ああ、200記事目なのに、やっぱり愚痴になっちゃった(;´・ω・)

 

www.jennyjp.win

 

www.jennyjp.win

 

www.jennyjp.win

 

 

スポンサーリンク