おひとりさまライフ 保護猫ちゃんと一緒

田舎の父親同居介護の2年を終え、父から引き継いだ保護猫ちゃんとの田舎生活 母弟父をみとった自分の生活の整理をぼちぼち

おひとりさま に時代が追いついた?

スポンサーリンク

おひとりさま、は、得意よ

日曜日、友人とランチに出かけた。友達は多くないが、たまにごはんを食べに行く友人は、実家にもどってからも、何人か、いる。

先日の友人は、昨年、しばらく週末だけレジのバイトをしていた時の同僚、というか、先輩。年は私の方が上だけど、バイト先では先輩だった女子。私も彼女も、そのバイトは既にやめているのだけど、今年に入って2か月に一回くらい、ランチをしておしゃべりをする。

 彼女は一回離婚して、学生さんのお子さんお一人あり、今はお母様と住んでいる。とてもしっかりした人で、わりとはっきりものを言う。以外なことに、一人でごはんを食べに行くのは、嫌なんだそうだ。旅行も一人では嫌なんだそうだ。

私は自分が若い頃から、何でも一人でやってきた方で、一人の方が好き、ってのもあるのだけど、彼女の話を聞いて、そっか~、やっぱりそういう方が多数なのかなあ、と思った。

f:id:jflkg4u:20191105200244j:plain

一人でもオッケー、猫ちゃーとおんなじよ~

 おひとりさま は商標登録されているらしい

 おひとりさま、って言葉、いつ頃から言われ始めたんだろう。と思っていたら、ずいぶん前に出てたんだね。

おひとりさま

おひとりさま

 

 

ジャーナリストの岩下久美子さん著作で、1999年から「おひとりさま向上委員会」というのを主宰されていたとか。

 

上野千鶴子さんの対談記事がおもしろかった。「市場はおひとりさまを断れない」「マーケットがおひとりさまを無視できなくなった」・・・確かに、いまでは、「ひとり○○」って、普通になってきているものね。 

danro.asahi.com

 

 男性と女性とでは、「おひとりさま」の様相がかなり異なるようで、「男おひとりさま道」という本も出されているようです。おもしろそう。

男おひとりさま道 (文春文庫)

男おひとりさま道 (文春文庫)

 

 

自分も年をとるにつれて、「おひとりさま」が「ひきこもり」にならないようには、気を付けよう、と思ったりしている。自分の生活ができる位の仕事をして、好きなことを自分でできて、身体がきつくなってきたら、助けを求める、位のお金があると、いいよね、やっぱ・・・

f:id:jflkg4u:20191105203201j:plain

猫ちゃーが、いちばんいいいわ、寝て食べて遊んで寝る

 

 

 

スポンサーリンク