ちょっと待て!同居介護と保護猫ちゃん

父親同居介護、実家田舎生活、在宅ワーク、元野猫ちゃーちゃんの運命やいかに?

4万円債券が出てきた

追加債券が出てきた

 先日、父名義の特別弔慰金国債の話をアップしましたが、郵便局で手続きをし、時間はかかりそうですが、名義変更後、娘の私が引き継ぎできそうです。

今朝、その郵便局から電話があり、「手続き進めていますよ」ということと、「平成27年分の1回が未払いで残っているようで、債券がありますか?」とのこと。。けっこう几帳面で何事もきっちりしていた父が、受領漏れすることもなかろう、と思っていたのだけど、別の書類箱をさがしてみると・・・・

 ありましたよ、「第八回特別弔慰金国庫債券」の四十万円中の、残りの4万円分の1枚。

f:id:jflkg4u:20190201112805j:plain

もう一枚でてきた 父の特別弔慰金国庫債券

 

続きを読む

実家の整理 父の国庫債券

国庫債券

実家の整理は、仕事の合間にぼちぼち続けていますが、親戚から「お宝が出てくるんじゃ?」などと言われつつ、いやいや、父も昔羽振りがよかったころは、贅沢していろいろ買い集めていたようだけど、この2年の同居生活の間、見た限りでは、お宝はありあそうもない・・まあ、借金がなかった(と思う、今のところ)だけ、よし、です。

 

若くして逝ってしまった弟の事業失敗に父の財産もつぎ込んでしまったので、父が逝った後、残されたものは古い家と少しの土地、現金は父の葬儀とともにほとんど無くなってしまった。父の家が残されたので、私が住むには家賃はいらないので、まあ、実家生活で細々と仕事をしつつ、何とかやっていけるのかなあ、という感じ。

 

家の家具や荷物整理はぼちぼちやりつつ、昨日、父の書類をみていたら、「特別弔慰金国庫債券」というのが出てきた。そういえば、何年か前に、父が話していた記憶はある。

f:id:jflkg4u:20190125083426j:plain

父の国債
続きを読む

実家の整理、着々と・・・応接セット編

ミニマリスト ではないが、すっきりしたい

実家暮らしを始めて2年、父がいなくなってから4か月、とにかく築50年になろうという古~い実家には、昔からの家具や荷物がつまっている。父の存命中は、自分の家の物を、勝手に処分するな、お前はすぐになんでも捨てる!と怒られていたので、押し入れやロッカーの整理もできず。。。

父の四十九日忌も終えた11月後半頃から、ぼちぼち実家の片付けを始めた。

 

f:id:jflkg4u:20190124065308j:plain

25年前だ、還暦祝いの母と玄関前にて、門の上の松も今はなし・・・
続きを読む

初夢 飛行機に乗り遅れる

初夢は?

いつの夜に見る夢なんだろう~、と思っていたら、テレビでやっていて、「現代では元日1月1日)から2日の夜、または、2日から3日の夜に見る夢」らしい。

私は夢はあまり見ない方と思うけど、疲れていたり、追い詰められて?いたりすると、見る傾向があるようだ。

今年は、1月2日の明け方にみた夢、これが初夢か。どこかに行こうとしていたようで、家から大急ぎで、空港に向かうが、なかなかたどり着けず、やっとこさ、空港到着したところで、飛行機が出てしまった、という。。。

実は、これは私がよく見る夢の一つです。パターンはいろいろだけど、飛行機に乗り遅れる夢・・・焦る~~~

www.jennyjp.win 

続きを読む

冬の朝は 起きにくい 猫ちゃーもぬくぬくしたい

朝は強いワタシなのに

完全朝方の私、普段は朝5時には起きます。が、今朝はなんと、目が覚めたら7時! うちの田舎の方では、町内放送というか町の連絡・伝達放送があります。朝は7時になると始まり、今朝は、その町内放送で目が覚めた、たいてい7時には、一仕事終えて朝食をとっている時間なので、慌てた~

でもまあ、今は通勤しているわけでもなし、別に7時に起きようが、8時になろうが、問題はないのだけれど、いつも5時前頃に起きだしていると、7時に起きると、午前中の時間が足りなくて、慌てる(-_-;)

 

 今は、南国の実家でも冬で気温が低いので、朝方は16℃位の事が多く、やっぱり寒い、し、暗い。なので、超早寝をしない限り、5時頃になってもまだ寒くて暗いので、そこで二度寝をしてしまうと、7時まで目が覚めないことに。日本地図を見ていただくとおわかりのとおり、私のいる日本の南の地方は、関東からみると西に寄っているので、関東以東より日の出が遅い。

なので、さすがの南国も、1~2月は冬ですわ・・・

f:id:jflkg4u:20181231231641j:plain

猫ちゃーも ぬくぬくしたい
続きを読む

南国でも寒い 冬の実家

冬はやっぱり寒い

実家生活開始後2年、天気によっては12月に入ってもエアコン冷房を入れる日があったりで、冬でも普通に20℃位の日も多い実家地方、天候により、風向きにより、寒い日はやっぱり寒い。家の作りが、さむいんだよね~、昭和中期頃に父が神戸から実家に引き上げてきたころに建てた家で増改築を重ね、もう50年位はたっている。

冬の平均気温が16~18℃位と思われる実家地方、家の中にいても、お日様の当たる部屋と、当たらない部屋、気温が違うし、部屋ごとの密閉度が低いので、完全に締め切って一部屋だけ暖房、というのも、なかなか効率が悪い。

 

今日はお天気もよいので、東側、南側は、ぽかぽかしている。家の中で北側に位置している台所&食事部屋兼居間は、早朝は寒い。そんな時は、温度計を見ると20℃を切っていることが多い。テレビの天気予報で、日本の北の地方がマイナス〇℃なんて言ってて、南国生活2年もたつと、もう想像もつかず、

 

f:id:jflkg4u:20190107084758j:plain

続きを読む

スポンサーリンク