ちょっと待て!同居介護と保護猫ちゃん

父親同居介護、実家田舎生活、在宅ワーク、元野猫ちゃーちゃんの運命やいかに?

メキシコシティーからタスコ・クエルナバカへ

スポンサーリンク

メキシコシティーから現地ツアーで日帰りツアーに参加、バス移動も長くちょっと疲れたですが、同行者が面白くて、楽しかった^^

 

スペイン植民地時代に、銀山で栄えたコロニアルな街並み、素敵です。

 

f:id:jflkg4u:20171009164521j:plain

 

f:id:jflkg4u:20171009164528j:plain
f:id:jflkg4u:20171009164543j:plain

 

 

この時のツアーのメンバーは、アルゼンチン人おばあちゃん2人組、ウルグアイ人ご夫妻(裕福そうだった^^)、オーストラリア人女子?2人組、と私の7名、ガイドさんはスペイン語だったので、オーストラリア人の女子二人は、ほとんどわからなかったようで、車内で途中でそれに気が付いたので、私が要所を教えてあげる。集合時間とか、ここでどうする、とか・・   アルゼンチンとウルグアイスペイン語の国なので。 

 

f:id:jflkg4u:20171009195504j:plain

オーストラリア人女子2人組と

う・・・二の腕が太いじゃないか~~~!実家生活1年半、体重はなんと4㌔増、おなかがきついなあ、と思いつつ食べ放題で放置、そろそろ何とかしないとなあ・・・

 

f:id:jflkg4u:20171010151125j:plain


1日中バスで一緒で、時間がたつにつれてみんなの様子が親しくなっていくのがおもしろい。朝各ホテルを回って、ピックアップしていくのだけど、最初の頃は国籍も違うし、言葉がわかるんだろうか、って雰囲気でなんとなく様子伺い、のみんなの感じ、そのうち、近くに座った同士が言葉を交わし始めて、

私は、このオーストラリア人のお二人と近くに座っていたので、陽気なオーストラリア人に話しかけられ、ランチ時にはみんなでワンテーブルだったので、隣にウルグアイ人のカップルが座って、向かいにアルゼンチン人のおばあちゃんが座って、なんとなく話し始めたら、隣のウルグアイ人の奥さんが英語を話す、とその時わかり、オーストラリア人女子も、混じって英語スペイン語混じりで会話が弾む^^ アルゼンチン人のおばあちゃんが、おもしろいキャラで、通訳しつつ、楽しいランチタイム^-^

 

帰りのバスの中では、オーストラリア人の女子二人と、私と、お互い同年齢位かな~、と思っていたところ、なんとなく年齢の話になり、私の方がお姉さんでした、あはは、それまで人の髪の毛を後ろから触って、なんでまっすぐなの~?とか、めちゃくちゃいじられてたのが、あら~、お姉さんだったのね~、って(;´・ω・)まあね~、東洋人はどうしても若く見えちゃうからね~、日本にはいったことがなくて、2年位後にはいきたいわ~、ってことで、ぜひ、お待ちしています。

 

あはは、観光地より、ツアーメンバーが面白かった記憶のほうが強いわ^^

 

「世界で8番目に美しい街」に選ばれた!白く輝く街タスコの観光スポット4選 - メキシコ情報総合ポータルサイトAmiga(アミーガ)〜メキシコシティ、カンクン、治安、時差、観光〜 

メキシコ遺跡巡りの旅 クエルナバカ・テオパンソルコ

タスコの植民地風及び魅力的な鉱山

 

www.jennyjp.win

 

www.jennyjp.win

 

www.jennyjp.win

 

スポンサーリンク