おひとりさまライフ 保護猫ちゃんと一緒

田舎の父親同居介護の2年を終え、父から引き継いだ保護猫ちゃんとの田舎生活 母弟父をみとった自分の生活の整理をぼちぼち

県民共済 仕事が早い 

スポンサーリンク

県民共済に初めて申請

保険の類は、結構若い頃からいろいろ加入したり、解約したり、掛け替えたり、です。トータルで見ると、おそらく今のところでは、支払金額の方が多いかと思われます。

入院はこれまでしたこともなく、病気・ケガにまつわる保障申請は、一切したことがない、が、今回、4月に思わぬ胸椎圧迫骨折で、これって、どれかの保険で多少なりとも保障してくれるものはないものだろうか、と、自分の保険をチェック。

 

私は子も孫もないので、死亡保険金は葬式代位をカバーできれば、というもので、入院、通院に重きを置いている。本当は、私は葬式もなしで、30年来の友人に託してサハラ砂漠か大洋に散骨でもしてもらおう、と思っているのだけど。

 

今回の圧迫骨折につかえそうなのが、2つありました。20代の頃からもう30年以上かけている都道県民共済と、最近加入した大手生保のがん保険。どれどれ、ちょっとでも、今回の通院にかかる金額を補填できるものはないものか・・・

f:id:jflkg4u:20191030105758j:plain

保険証書を調べる

大手生保のがん保険

20代終盤に、友達のおばさんが生保レディーで、付き合いで加入した「個人年金保険」があり、若い頃は支払に苦労した頃もあったが、何とか支払続け、60になった今年、や~っと支払完了、昔の保険で、利率がよいものだったので、満期になったけれど、老後資金としてあと5年繰り下げにして、受け取りを保留に。

その手続きの際に、生保のレディーの方がわざわざ実家迄いらしたのだが、その手続きだけで終わらないよね~、結局、がん保険を進められて、いや~、あんまり気乗りしないよね~、と思いつつ、新規にがん保険に加入、これは、掛け捨てだ。

で、毎月支払いしつつ、数か月たち、やっぱりこれ、解約しようかなあ、と思っていたところ、そうだ、「怪我の通院」って、ついてなかったっけ?と、保険証書を調べたところ・・・

 

「骨折、一時金5万円」とあるじゃないですか、早速生保のお姉さんに電話すると、すぐに申請書が送られてきて、病院の診断書をもらい、書類を書いて投函、2週間位で、5万円の振り込みがありました~ (^o^) その直後に、がん保険解約は・・・さすがの私もできないわ・・・60も過ぎて、一人暮らし、がん保険はいらない気がする、さて、どうしたものか。

 

都道県民共済

https://www.kyosai-cc.or.jp/

都道県民共済は、掛け金が安くて、20代のころから加入、引っ越しする度に住所変更して、もうず~っと継続、埼玉、東京、神奈川、そして、今の実家の県、60歳からは掛け金は同じでも、保障内容が変わり、死亡保障も金額が下がる、なので、若い頃は手軽でよいが、60、65歳以上になったら、県民共済は見直した方がよい、という意見も。

私も見直してみたけど、はやり掛け金が安いこともあり、60になってからも2000円x2口で継続中、証書をみたところ、私は2000円の2口だから、1500円X2口で通院1日3千円の保障、条件は180日以内で14日以上の通院が対象、とのこと。骨折は骨が戻るまで時間がかかるので、そうそう通院も頻繁ではなく、私の通院記録を見ると4~10月の間の180日の間に、通院はぎりぎり14日になるかどうか、というところ。

県民共済に電話して聞いてみたところ、骨折の場合は、ギブスやコルセット装着の日数もある程度考慮されるので、通院日が不足しても、審査します。とのこと。申請期限は1年?位で、180日を過ぎても大丈夫、ということで、10月にはいってから、病院に診断書を書いてもらい、諸々書類記入の上、先週末に郵便投函、確か先週の土曜だった。

 

保険料は郵貯から引落なので、入るとすれば、郵貯に入るはず。まあ、それでも1週間や2週間はかかるだろう、と思っていたら、なんと、火曜日の午前中に、郵貯からのメール(インターネット口座利用していて、入金等もメール連絡が入る)が入り、何の入金だろう、と口座アクセスしたところ・・・

県民共済からの入金・・・え?投函したの土曜ですけど???今日火曜って、週末挟んで、もう入る? 12万円ちょっとの入金あり、びっくりした~ 保障は通院1日3千円なので、40日分位の計算になる。よかった、助かった。

それにしても、早すぎでしょう。ありがとうございました<m(__)m>

 

今回の2つの保険からのおりたのが合計が17万円程、ですが、通院はまだまだ続くし、これまでの病院費用が20万円を超えている、かつ、片道45分の車移動で、ガソリン代も考えると、やっぱりこれでも、元はとれていない・・・けれど、多少でも補填があって、ほんと、助かりました。

 

保険の類、諸々30年以上払い続けて、総額どのくらいなんだろう、県民共済については、若い頃は一口の2千円だったのを、50過ぎ位から2口にしてきた感じなので、単純に100万円以上は払っているね、でもまあ、共済は助け合いですからね~、私も、今回は助かりました。

元とれてない、なんて、言っちゃあいけないですわね。もとはと言えば、怪我をしたのも、自分のせい、なんですから(;'∀') 

 

*追記: 保険会社と共済は、成り立ちから違うんですね、こんな動画がありました。


【第1話】保険と共済の違い〜共済ってなんだろう?〜

 


【第2話】共済は「助けあい」の保障 〜非営利の制度〜

 

www.jennyjp.win

 

f:id:jflkg4u:20191031091220j:plain

うわ・・・もさもさ猫ちゃー、そろそろシャンプーしたいねえ

 

スポンサーリンク